保育方針

<基本理念 >

○子ども一人ひとりの無限の可能性を引き出し、より豊かに健全な心身を育みます。      ○子どもに関わるすべての人と子育てを共に楽しみ、喜びあえる環境つくりをしていきます。

<保育方針 >
○一人ひとりに公平に豊かな愛情をもって働きかけ、子どもと信頼関係を確立し、心身共に    健やかな成長と発達を図る。

<保育目標>
〇見て聞いて感じる人
〇自分に自信を持ち表現できる人
〇思いやり、感謝する心をもつ人

 


 二荒さんに近い、県庁に近い、市役所に近い、市街地中央に位置する地域に根づいた歴史ある保育園です。平成30年9月に園舎も新しくなり、1階2階は保育室、3階は屋上が園庭で、多目的にとして活動する場、そして別敷地にある園庭は、遊具で遊ぶ場として遊んでいます。        保育目標「見て聞いて感じる人」「自分に自信を持ち表現できる人」「思いやり感謝する心を持つ人」子ども一人ひとりに向き合って「やりたい」「やってみたい」気持ちを育て、遊びを通して学べる環境作りを日々保育の中で行い、乳幼児期に生涯発達の基礎「土台」をしっかり作っていきます。

講師による体操教室(3歳~5歳)、講師による英語教室(0歳~5歳)、講師によるリトミック、地域活動、伝承活動(益子焼体験・地域文化体験)を保育の一環として取り入れております。


法人沿革

昭和25年
私立二葉幼児園を自宅で開園
昭和26年
栃木県より児童福祉施設として認可
昭和29年
栃木県より財団法人二葉幼児園として認可
昭和44年
社会福祉法人 金子福祉会に改称
昭和51年
新園舎落成
昭和55年
定員120名となる
平成30年
二葉幼児園改築                               定員130名となる